△6二玉▲3六歩は先手無理

スポンサードリンク

△6二玉▲3六歩は先手無理

開始図は、先手が▲6八玉と上がったところ。
これに対し、通常は△3三角だが、△6二玉とした場合にどうなるか、
検討することとしよう。

まず、△3三角を省略することの意味なのだが、これは、早い段階で、
△5六歩から角交換をしてしまおうというところにある。

どうせ角交換するのだから、△3三角は損であるという考えに基づく。

本譜で検討するのは、△6二玉に対し、先手が普通に▲3六歩から、
超速▲3七銀戦法を志向した場合である。

後手は予定通り△5六歩から速攻をかける。▲5六同歩△同飛の瞬間に
先手から角交換して、▲6五角などといった手がみえるが、△5五角でこれは無理。

そこでやむなく▲5七銀だが、△8八角成りが強烈。
▲同銀の一手だが、続く△5五角も厳しい。

陣形の違いから、先手としては、飛車交換には応じられない。
よって、▲1八飛と辛抱するが、△3六飛から△2六飛と回られては、
先手に主張すべき点がひとつもない。

後手優勢なのは疑いがないところである。

したがって、後手の△3三角省略から△6二玉に対しては、無理に超速を目指してはいけない。

※村山・急所112~114ページ参照。