△6二玉▲2四歩の変化

スポンサードリンク

△6二玉▲2四歩の変化

開始図は、後手が△6二玉と上がったところ。
ここで、敢然と▲3六歩から、超速▲3七銀戦法を目指すのは
先手が良くならなかった。

そこで、△3三角を省略していることををとがめるべく、
単に▲2四歩から、飛車先の歩を切る手順をここでは見ていく。

▲2四歩△同歩▲同飛の瞬間に、△5六歩と後手はさばきに出る。
この△5六歩にうっかり▲同歩と応じると、
△8八角成り▲同銀△3五角(王手飛車)で将棋は終わる。

そこで、▲6六歩と角交換を拒否するのはしかたのないところ。

そして、後手は△5七歩成りと攻めを続ける。これに対し、▲5七同銀△5六歩も当然。
ここで、銀は▲4六銀も考えられるところだと思うのだが、村山先生の著書にはその変化は
言及されていない(なお、中村・速攻6~10ページ参照)。

したがって、▲4八銀を正着として検討をすすめる。

△1四歩は、△1三角からの王手飛車を狙った手。
それを防ぐため、▲4六歩なのだが、ここで、単に▲2三飛成りも魅力的に映る。
この変化についてはこちらを、参照されたい。結論から言えば、先手が悪くなる。

さて、後手は、△4六角から、△5七歩成りと中央突破に成功。
先手がマズいようにみえるが、ここで、▲4二歩が鋭い好手。
後手はこの歩は取れないことを確認されたい(△3二銀と飛車をはじく変化は次項で検討する。

そこで、後手は手抜いて△5八歩から勝負にでる。
これに対し、▲5六歩と飛車を近づけてから、▲4一歩成りとするのがポイントで、
飛車を呼び込んだ効果は結果図を見れば明らかで、先手は玉を逃げた手が飛車当たりになる。

結果図は先手良しだ。

※村山・急所115~119ページ参照。