▲6六銀~▲3五歩の仕掛け

スポンサードリンク

▲6六銀~▲3五歩の仕掛け

開始図は、後手が飛車をさばいてきた局面。
ここで、▲5五歩は激しい戦いになった。

先手としては、ここで▲6六銀も有力。
この手は押さえこみを狙った手で、次に▲5五歩を狙う。

後手としては、飛車を捕獲されてはいけないので、
△5一飛は、当然の一手。

先手は▲5五銀右と進出する。
▲5四歩とされてはひどいので、後手は先に△5四歩から
先手の銀を追う。

先手は銀を引く一手。追い返されてつまらないようだが、
後手の飛車先を重くすることに成功している。

△6四歩~△7四歩は先手の左銀を圧迫しつつ、
木村美濃への組み換えを狙った手。

ボヤボヤしていると後手に十分に組まれてしまうので、
▲3五歩と仕掛けるのは当然だ。

▲3四歩△2二角と角を追いつつ拠点を作り、
さらに2筋の歩を交換して、先手が好調のようにもみえるが、
結果図は形勢不明。

先手としては角が使えていないところが痛い。

※中村・速攻104ページ参照