▲5八金右△4二金の変化

スポンサードリンク

▲5八金右△4二金の変化

開始図は、先手が▲5八金右と上がった局面。
ここで、後手が△4二金としてきた場合の変化について検討しよう。

これは、金が中央に出てくるという異色の指し方で、
大内九段や鈴木大介八段が得意としている。

▲2五歩△3三角を決めてから▲5六歩が好手。
△同歩なら、▲3三角成り△同桂▲2四歩で先手良し。

後手は△6四金と出てくるが、先手は強く▲5五歩。
この手に対し、後手は△5五同金とする指し方もあるが、
まずは、△3二銀とする変化から検討しよう。

△3二銀は▲3三角成り△同銀とできるようにする趣旨。
遊んでいる銀を活用する合理的な手だ。

先手は▲5六銀と好形を築き、中央での決戦に備える。
△5五金▲同銀△同飛となった瞬間に、▲2四歩~▲2二歩が好手。

角を宙に浮かせてから▲2四飛と走る。
△3三角は当然の受けだが、そこで▲5五角が好手。

結果図は先手良しだ。

※深浦・最新70~73ページ参照


スポンサードリンク