▲5八金右△3二金▲7七銀の展開

スポンサードリンク

▲5八金右△3二金▲7七銀の展開

開始図は、先手が▲5八金右とした局面。
ここでは、後手の△3二金が有力なので検討しよう。

このように、後手にしっかりと構えられると、
すぐに▲3六銀から攻めるのはやりにくい。

そこで、▲7七銀と上がる。
この手は角交換を拒否しつつ、▲6六銀からの押さえこみを狙った手である。

先手は▲2五歩△同角を入れてから、▲3六銀と攻勢に出る。
後手はそのタイミングで△5六歩からさばきに来る。

△5六歩▲同歩△同飛に▲4七金が思い切った手。
△5一飛と引かせて、▲4五銀が狙いの角頭攻め。

△3五歩~△4四角と後手は軽くかわしてくる。
そこで先手は▲4四歩から角を追い、飛車先の歩を切る。

そして▲6八銀が角道を通す味の良い手。
3三の地点で清算し、先手は▲3四銀と強攻する。

後手は△5五歩と角道を止める。
そこで、▲4四歩△同角(同歩でも同じ)を入れてから▲2四飛と走るのが重要。

これを入れずに単に▲2四飛だと、△5四飛と浮かれ、後手に捌かれてしまう。
4四の地点を埋めさせることが思いのほか重要なのだ。

後手は△5六歩と捌いてくる。
▲4四角△同歩▲5二歩△同飛▲2一飛成りと好調のようだが、
△1四角が攻防の好手。

先手は受けても、△2二銀が厳しく、結果図は後手が良い。

※深浦・最新76~81ページ参照


スポンサードリンク