▲4五銀△2二角の展開

スポンサードリンク

▲4五銀△2二角の展開

開始図は、先手が▲4五銀と出た局面。
後手は△3五歩に替えて、△2二角とする指し方も有力だ。

先手は当然、▲3四銀と歩を取る。
後手の△6四歩は自陣を整える趣旨。

先手は▲3六歩から攻勢に出ようとするが、
△3三銀のぶつけが好手。▲3三同銀成り△同角で振り飛車が捌けている感じ。

先手は押さえこみが基本方針なので、▲5六歩。
局面を収めて歩得を主張する趣旨だ。

後手は木村美濃に組み替え、自陣を整備する。
先手は▲3七桂と跳ね、▲7九角から角の活用を図る。

結果図は形勢互角だが、金が離れているので、
先手はまとめるのが難しいかもしれない。

※深浦・最新82~84ページ参照


スポンサードリンク