▲2四歩に△9九馬の変化

スポンサードリンク

▲2四歩に△9九馬の変化

本項では、▲2四歩に△9九角成りとする変化を検討する。
前項でも、攻め合う手順を検討したが、本項では攻め合うタイミングが
異なる。
すなわち、▲2四歩で△7四歩と角を追い払ってから攻め合うのではなく、
すぐに△9九角成りとする手順は有力ではないかと考えられたのである。

言われてみれば、▲2四歩の瞬間は若干甘いように見えなくもない。

実際に手順を追ってみよう。
まず、△9九角成りには、いったん▲1三龍と引かざるをえない。
これは、馬のラインに入ったままでは常に素抜かれる危険があり、
強い戦いができないからである。

そのタイミングで、後手は△7四歩と角を追う。前述したとおり、
この手は玉の懐を広げる意味もあり、指したい手なのだ。

先手としては、▲8六角と逃げるのは当然。

そつなく△5七歩の利かしを入れてから、△8四香。
この手は、先手の角のラインが脅威であるため、角にどいてもらうという趣旨。

しかしながら、▲6八角と引かれてみると、△8四に打った香車は働きが今ひとつに思える。
一方、▲6八の角は、▲5七の地点も守っており、形勢判断は微妙である。

少なくとも、後手としてはあまり成功しているとはいえない局面である。

※村山・急所23~24ページ参照。