▲3三角△8九馬の結論

スポンサードリンク

▲3三角△8九馬の結論

開始図は前項の手順において、後手が△4一香と打った場面。
前項では、ここで▲2二龍~▲3二飛とする手順を見たが、先手は芳しくなかった。

では、▲3三成桂とする手順はどうだろうか。
自然な手に見えるが、後手も△2四飛から強く攻め合う。

開始図から、▲7五角と打つ構想は、先手としては面白くない結果に終わったことは
前項で見たとおりである。

そこで、代替案として考えだされ、主流になった形が、
開始図から▲1一龍△9九馬の交換を入れてから▲3三角とする手順だ。

これは▲6三桂成りから馬の素抜きを狙っている。

それを△8九馬と避けたのが本譜の手順。
自然な手だが、結論から言えば、疑問手だった。

本譜を追ってみよう。▲4三桂成り△5六飛は自然な進行。
▲5七香に強く△5七同飛成りと切ったのは、△5六歩が厳しいと判断したため。
たしかに△5六歩に対する先手の応手は難しい。▲5六同金なら△6六馬が厳しいし、
引いたら引いたで、△5七香がある。

そこで、先手は手抜いて▲4四角成りから攻め合う。
33手目の▲3一龍が強烈で、結果図は先手の一手勝ちだ。

▲3三角△8九馬では後手は勝てないという結論が出た。

※村山・急所35~37ページ参照。