▲3三角~△5三香の変化

スポンサードリンク

▲3三角~△5三香の変化

開始図は先手が▲3三角と打った局面だ。
前項の検討で、ここで△8九馬とするのは後手の負けであることが判明した。

そこで考えだされたのが△4四銀である。

先手は強く▲4四同角成りとする。後手はもちろん△同歩の一手。

これはずいぶん先手が損をしたようにみえるが、△4四歩型に誘導することで、
▲1三龍が後手の玉頭を直射することになるため、実はバランスがとれている。

▲6六香△7二銀▲8二銀は必然のやり取り。

△5三香(△5四香もあるところ)は、実は後に疑問手となる手。

33手目の▲1二龍で後手を歩切れに追い込む。
その効果が、37手目の▲5五香に表れる。歩切れの後手は桂合いしかない。

先手は▲9一成銀~▲8二成銀と活用し、結果図は先手優勢の局面である。

さて、後手に手はないのであろうか?
後手の対策を次項で検討しよう。

※村山・急所38~40ページ参照。