もう一つの攻め筋▲7五桂

スポンサードリンク

もう一つの攻め筋▲7五桂

開始図は後手が△2七角と打った局面。

先手はここで▲9一銀成りとする手もあるが、
▲8一銀不成とする手も有力なので、ここで検討しておく。

この手の趣旨は、▲7五桂と打ち、早い段階で6三の地点に殺到しようというところにある。
単純な狙いだが、後手は受けるのが難しい。
▲9六角で先手優勢だ。

※村山・急所51~52ページ参照。