△5四銀はダメ

スポンサードリンク

△5四銀はダメ

本譜は前項からの続きで、▲2二歩と打ったところから始める。
設置してあるフラッシュ盤は好きなところまで戻せるので、
もう少し手前から検討したい人は、好きなところから鑑賞してほしい。

さて、▲2二歩△同飛は後手がまずかった。
では、、▲2二歩には挨拶せず、△5五銀と桂馬を食いちぎったらどうなるかを
検討しよう。

▲2一歩成りの瞬間はどうということはないし、先程は飛車交換から▲3六角と目標にされてしまったので、
その銀をいわば強引に捌くという趣旨だ。

しかしながら、手順中、▲4六銀が好手で、後手は飛車の行き場が難しい。
△2五飛で先手を取ったようにみえるが、これは先手も読み筋。

▲6三香成りから王手飛車が決まってしまった。

さかのぼって考えるに、△5四銀の受けは成立しないようだ。

ではどうするか。次項で検討しよう。

※村山・急所8~11ページ参照。