馬を作る構想

スポンサードリンク

馬を作る構想

開始図は、先手が▲7七角と上がったところ。
今一度、この局面から検討してみよう。

とりあえず、後手は△7二銀と美濃囲いを完成させる。
先手は中央に備えるという意味で▲6八銀。

そこで、後手は△3三角。2筋の歩を切らせないという趣旨。
この手に対し、先手は▲7九玉から、固める構想もないわけではないが、

すると△5五歩とされ、後手の主張ばかりが通り、これは作戦負けになる。
したがって、△3三角には▲同角成りとする手が合理的な指し方だ。

△3三同桂の一手に▲2四歩△同歩▲2三角が狙いの手。
△3二金に▲3四角成りと、先手は首尾よく馬を作ることに成功した。

しかし、後手は△2五歩から、まずは先手の飛車の動きを封じる。
先手は▲6六歩~▲6七馬と、馬を自陣に引きつける構想で応じるが、

結果図を見ると形勢は難解。
馬を働かすには苦労しそうだ。

※村山・急所187~189ページ参照


スポンサードリンク