△3三角に替えて△5五歩

スポンサードリンク

△3三角に替えて△5五歩

開始図は、前項の手順中、先手が▲6八銀と上がったところ。
ここで後手が△3三角ではなく、△5五歩ならどうなるか。

次に△3三角なら後手の主張ばかり通るので、
先手はその前に▲2四歩から仕掛けるのは当然。

後手は、△2四同歩▲同飛△3二金▲2八飛△2三歩と2筋を収める。
そして△3五歩~△5四飛が狙いの構想。

△2四飛▲2五歩△3四飛と、先手の2筋交換を逆用する狙いだ。
先手も▲4七銀~▲3八飛と3筋から逆襲を試みる。

後手の△4四銀は重いが、しかたのないところ。
結果図は、形勢互角だといえる。

結果図以降の方針は、後手が左金を自玉に近づけて堅さを主張し、
先手は▲6七銀~▲7五歩と位を取っていくことになると思われる。

※村山・急所190~192ページ参照


スポンサードリンク