△3二金▲7八玉型

後手急戦を狙う△3二金

スポンサードリンク


開始図は、後手が△3二金と上がったところ。
△3二金型はよくある形だが、このタイミングで上がるのは少し早い。
これは後手が早めに開戦しようとする趣旨である。

先手としては、じっくり▲7八玉。自然な手だ。
後手は予定通り△5六歩から仕掛けてくる。

△5六歩に対しては、▲3三角成り△同桂を入れてから▲5六同歩△同飛。
後手の桂頭めがけて、▲3五歩は自然な手。

後手は△7六飛から揺さぶってくる。
王手だが、どう対処すべきか?

▲7七歩は消極的すぎて、良くない。
ゆえに▲7七桂がよい。

後手は一旦は△3五歩と手を戻す。
これに対し、▲3四歩は当然の攻め。

後手は△4五桂と天使の跳躍。
この桂馬を取ると△5五角で将棋は終わる。

ここで、先手としては、▲5四角とやってみたい衝動にかられるが、
これは危険。なぜなら、その瞬間に△7七飛成り▲同玉△5七桂不成があるからだ。

そこで、ここは、おとなしく▲6八金と受けておく。
後手は△3六歩から捌きを狙ってくるが、ここでは、
△4四歩と桂馬に紐をつけるほうがよい。この点については次項で解説する。

先手は▲4五銀と目障りな桂馬を払う。
後手は、△3七歩成▲同桂△1五角▲3八飛△3六歩と、
いやらしく攻めてくるが、▲4八金が落ち着いた好手。

手は進んで、42手目△5六飛で、銀取りと飛車成りの両方を見て、
後手が好調にみえるが、▲6五角が好手で、話は簡単ではない。

当然の△5九飛成りだが、▲7五桂が厳しい。

結果図は、先手が良いだろう。

※中村・速攻19~22ページ参照


次のページ »