△3二金▲7七銀型

悪手△2七銀

スポンサードリンク


開始図は、後手が▲3二金型の布陣を完成させた局面。

ここで、先手は、ゆっくり指すのなら▲5八金右だが、
激しくいくなら▲7七銀から▲6六銀を目指すことになる。

すんなり▲6六銀を許しては後手はつまらない。
そこで、▲7七銀の瞬間に△5六歩からさばきに来る。

さて、△5六歩▲同歩△同飛の次の手が問題だ。
▲5五歩と飛車を捕獲する手が旨そうに見える。

果たして成立するのか検証してみよう。

▲5五歩には、△同飛の一手だ。
仮に△同角では、▲同銀△同飛▲6八銀で後手ハマリ形。

5五の地点で清算して、△5五角は先手の飛車取りだ。
問題は逃げ場所だが、駒得をキープする▲1八飛が自然な手。

ここで後手のありがちなミスとして、△2七銀が挙げられる。
これに対し、▲5八飛は当然。△1九角成りも当然。

そして、▲6八銀と味よく角を活用。
△5一香は厳しいようだが、ズバッと食いちぎって良い。

もったいないようだが、元々が駒得なので成立する。

結果図は先手が良い。

後手は△2七銀ではなく、△2八銀とすべきだったのだ。

※中村・速攻79~82ページ参照


次のページ »